pixta_19882137_M

ネオコーポレーションが電気料金「基本料金」を削減できる理由

公共料金で代表的な一つが電気です。電気は欠かすことができないインフラであることから、家庭だけでなく工場やオフィスなどの電気料金に苦しんでいても、そのまま各電力会社に支払い続けている経営者の方も大勢いらっしゃることでしょう。
できるだけ簡単にビルや工場、オフィスなどの電気料金を減らしたいと考えているなら、ネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入することを検討してみるといいでしょう。ネオコーポレーションの電子ブレーカーを導入した上で、各電力会社に申請し直すことにより、電気料金の固定費を占める「基本料金」を確実に削減することができます。

なぜネオコーポレーションの電子ブレーカーを使うことで基本料金を下げられるのかというと、各電力会社には、ブレーカーの大きさで基本料金を決める契約プラン「主開閉器契約」があり、その契約にネオコーポレーションの電子ブレーカーを使用することで、基本料金の大幅な削減が可能になります。主開閉器契約自体は、通常のブレーカーでも可能ですが、基本料金を削減するためには、小さいブレーカーに切替える必要があり、機械を使用した場合にブレーカーが遮断されるトラブルが発生します。ネオコーポレーションの電子ブレーカーの場合は、仕事場の機械を動かしている際の電流値をCPUにて監視し、国の安全基準に合わせてブレーカーを遮断します。そのため、通常のブレーカーでは遮断してしまうブレーカーのサイズでも、ネオコーポレーションの電子ブレーカーでは、通常通り機械を動かすことが出来ます。ブレーカーを変えるだけで本当に電気料金が下がるのかと懐疑的に見てしまう方も多いでしょうが、削減結果は電気料金を支払っている名義人宛に届く、電力会社からの検針票で数値として確認できるようになっています。電気の使用量はそのままに基本部分の固定料金を下げられるため、電力使用量が非常に多い仕事場や工場にとって相性の良い製品が電子ブレーカーといえるでしょう。

ネオコーポレーションの電子ブレーカーは、導入するにあたり、導入場所の機械に合わせた測定などの専門的な知識を必要とするため、家電量販店やホームセンターなどで市販できないので、設置を希望する場合は電話やメールなどでネオコーポレーションに問い合わせを行う必要があります。使用している機械の種類や使用方法によっては、基本料金が削減できない場合もあるので、事前の問い合わせと測定については、無料で実施しています。

電子ブレーカーの利用者に負担がかからないように、最大限の配慮がされていることから、ネオコーポレーションで基本料金を削減することを推奨いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です