ネオコーポレーションのラッキーカードとは

ネオコーポレーションは、電力コストの削減ビジネスに特化し、企画や製造、販売、施工などを一貫してサポートする電気事業会社です。電力のコスト削減をはかるための電子ブレーカーや地震による火災防止に効果的な感震ブレーカーなど存在価値のある商品を提供しています。また、電子ブレーカーの累計販売台数14万台突破を記念し、ネオコーポレーションではキャンペーン特設サイトを開設しました。

成約者の方に豪華商品をプレゼントするお得なキャンペーンとなっていますが、この他にラッキーカードという魅力的なカードの存在があります。今回は、ネオコーポレーションが提供するラッキーカードについてご紹介していきましょう。

■ラッキーカードとは

ネオコーポレーションは、2018年6月1日に京セラドームで行われた野球試合の協賛会社として、ラッキーカードによる抽選会を開催し、「オリックス・バッファローVS読売ジャイアンツの交流戦を盛り上げるためのイベントを行いました。ラッキーカードとは球場内で使える500円分の飲食お買い物券を抽選で3000名様に配布するプレゼントキャンペーンです。

■ラッキーカードの特典内容

抽選発表は試合3回裏終了時に発表され、カードの引換期間は4回表から試合終了時までとしました。内野エリア・外野エリア・外野エリア・13ゲート前特設ブースを引換場所に指定し、2Fもしくは3Fの飲食・グッズを対象に当選券とラッキーカードの引換するシステムとなっています。

このゲームスポンサーは、2016年9月26日に同会場で開催された「オリックス・バッファローVS北海道日本ハムファイターズ」のプロ野球試合でも行われました。ここでの抽選会では800名様にラッキーカードをプレゼントしていましたが、好評の結果2018年のイベントでは3000名様と対象人数が大幅に増えています。「飛翔!!ネオコーポレーション~Dream Day in Dome」と題して野球を通して感動や興奮、夢をこれまで以上に提供し続けること、そして新しいステージに一歩でも近づけるようゲームスポンサーとして応援しています。

ネオコーポレーションは平成11年創業以来、お客様の利益を追及するために、電気コストの削減に取り組んできました。販売実績累計14万台を突破できたのも多くの人達から信頼されている証でもあります。ラッキーカードやキャンペーンなど様々な利益をお届することも、お客様への一つのサービスと考えています。今後もより一層利他を追求し続け、社会貢献できる企業として活躍していくことでしょう。