ネオコーポレーションは、N-EBシリーズをはじめ、電子ブレーカーの販売実績業界トップを誇ります。電子ブレーカーを導入すると、これまでの電気料金を削減する効果があります。そんなネオコーポレーションでは、電気料金見直しも行っており、シミュレーションも可能です。ここでは、ネオコーポレーションの電気料金シミュレーションについて解説していこうと思います。

電気料金の見直し

電気は公共料金の代表的なもので、生活に欠かせないインフラでもあります。家庭・オフィス・工場などで電気料金に苦しんでいる場合でも、解決策がわからずそのまま電気料金を払い続けているケースもあるでしょう。ネオコーポレーションでは、法人・事業主向けに電子ブレーカーを提供してきています。

電子ブレーカーを導入すると、電気料金の固定費を削減できます。ネオコーポレーションは、平成30年8月時点で契約数累計15万台を達成しており、実績も高いです。そんな電気のプロによるシミュレーションは、自分の地域でより安定供給可能な電力会社を厳選することです。そして基本料金や使用料金を大きく削減するための最適なプランを提案しているのです。

電気料金シミュレーション

ネオコーポレーションで提案している電気料金シミュレーションの流れを見ていきましょう。

これまでと同じ電線路を通じて送電

地域の電力会社の電線路を活用し、従来の電力会社と同じように調達します。これまでと同じ電線路を通るので、供給量は変わりません。

利用開始

自宅・オフィス、工場などに届く電気はこれまでと同様です。調達方法や発電方法、スマートメーターを活用して人件費を削減し、コスト削減につなげているのです。スマートメーターは電気の使用量を遠隔で検針し、計測も可能な新しい電気メーターとなっています。スマートメーターを設置することによって、より高いコスト削減を実感できます。

ネオコーポレーションが勧めている新電力は、一般電気事業者ではなく、工場の余剰電力や自家発電を活用した方法です。一般電気事業者が有する電線路を通じて供給するため、基本料金や使用料金を着実に減らせるのです。

まとめ

ここまで、ネオコーポレーションの電気料金シミュレーションの流れについて紹介してきました。ネオコーポレーションは、電気代を少しでも安くしたいという法人や事業主のパートナーです。一般電気事業者をこれまで通り利用するのではなく、余剰電力や自家発電を活用するため、コスト削減を検討している方にとっては非常にメリットがあります。ネオコーポレーションで、電気料金の見直しをしてみてはいかがでしょうか?