ネオコーポレーションのシステムを導入している企業の口コミについて

会社などを経営する上で経費をいかに節減するかはとても重要な意味を持ちます。

売上げが多くても経費を削減できなければ利益はそれだけ少なくなりますし、特に固定費と呼ばれる経費はなかなか削減できない、一定額は必ず発生するものとなります。固定費の中でも電気代はパソコンやエアコン、照明や機械を動かすために必要不可欠であり、どれだけ頑張ってみても削減するのが困難な費用となります。

ネオコーポレーションのネオコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、削減が難しい電気代を削減することが可能なシステムであり、通常はまず変えることが無い電気ブレーカーを変えることで今まででは無理だった総合的な電気代の見直しが可能になります。

電気は必ずブレーカーを通ることで供給されており、エアコンなどの機器は全てブレーカーを通った電気を使用して稼働をしています。ネオコントロールシステムの独自のシステムを構築することで、通常使用することになる電気ブレーカーよりもアンペアの小さなものでも機器を使用することが可能になります。

そのためブレーカーを変えることによる電気代の削減と、コントロールシステムによる無駄のない電気の管理により本来必要となる電気代を大幅に減らすことが出来るというわけです。

導入の流れとしては、まず現在の電気代などを計測調査し、ネオコントロールシステムを導入した場合にどれくらいの削減が可能なのかを導入を考えている会社などに説明を行ないます。

その際には削減プランを提案することになり、実際に導入した場合の削減率がどれくらいのものになるのかを知ることが出来ます。

それに同意した場合、電力会社におけるブレーカーの検査と契約切り替え申請を行ない、その後削減確認・設置工事・試運転を行ないます。運転を確認した後契約締結となり、電力会社の検査・確認が済めば本格的な稼働を開始することになります。

実際に導入した事例としては、ホテルに導入を行なった場合には今まで76kwの契約だったものを64kwに設定することで一月に約18,000円の削減を実現しています。
ホテルの場合お客の有無にかかわらずエアコンなどの空調設備を稼働し続ける必要があるため、ネオコントロールシステムにより無駄を省き固定費削減を可能としました。

ホームセンターに導入した事例の場合は、ホームセンターは売り場面積も広くその分空調設備や照明などの利用がどうしても増えることになります。

導入した店舗の場合今までは366kwの契約となっており一月の電気代が約54万円かかっていたのに対し、ネオコントロールシステムを導入したことで302kwの利用となりました。このことにより電気代も約44万5千円程度に抑えることが出来、約10万円程度の削減を実現しています。

年間を通して考えた場合120万円近い経費節減が可能になりますので、実際に導入した際の効果の高さが分かるのではないでしょうか。