ネオコーポレーションのデマンドコントローラーの仕組みについて

デマンドコントローラーとは目標デマンド値をオーバーする、予測デマンド値を感知した場合には、そのタイミングで、制御信号を発信することができるという製品になります。

予測デマンド値を感知した場合には、予め設定してある空調機器の室外機、あるいは、コンプレッサーなどを、順番に自動停止させることが出来るシステムとなっています。
このため予測デマント値が、目標としているデマント値をオーバーしないように、自動制御することが出来るシステムとなっています。

デマンドコントローラーを利用することで制御が可能となりますので、高圧電力などを使っている建物の場合には、その基本料金を大幅に節約することが出来、省エネ効果が期待できるというメリットがあります。

元々、こういったデマンド制御がなされていない工場や事務所、またオフィス、学校などの大規模な建物の場合には、使っていない月にもその基本料金がずっと適用されてしまうことになってしまいます。

つまり、電気をほとんど使っていない月があったとしても、同じように基本料金がかかってしまいます。このため、非常に電気代が無駄になってしまっているといえるでしょう。デマンド制御をすることによって、これらの省エネをすることが出来て、かなり電気代を削減することが出来るのです。

デマンドコントローラーを導入するならば、大手のネオコーポレーションという会社がおすすめです。

ネオコーポレーションのデマンドコントローラーの導入までの流れですが、まずは訪問によるサービスの説明、そして現地調査などが行われる形になります。

この際に、基本料金削減のことなど、説明をされることにありますので、分からないことは質問することが出来ます。また、年間の最大デマント値などを見て、エアコンの稼働状況などをヒアリングするという流れになります。その後、ネオコーポレーションがそれに応じて、最適なプランを提案するという形になります。

その後、承諾と申込みという流れになり、この際には、申込書類に加え、電力会社への各種申請書類の作成をする必要があります。

申込んだ削減プランに合わせて、システム設定されている、ネオコーポレーションのACMD、ACCDを準備され、電気工事士によって各種設置工事が開始されます。設置後には、すぐに電力削減がスタートされる形になります。

導入後には、大体建物に、43台のエアコンがある場合、年間で100万円以上の電気代の削減効果が見られるということで、かなりの省エネ効果が期待できるといえるでしょう。