ネオコーポレーションは全国に何店舗あるか調査してみた

ネオコーポレーションは電力コストの見直しの相談に丁寧にのってくれる電子ブレーカーの製造や卸、販売を展開する会社です。

ネオコーポレーションのコントロールシステム「N-EBシリーズ」は、平成16年に販売が開始されてから平成29年8月までに、全国における累積販売台数が13万台を突破した人気商品です。

ネオコーポレーションのN-EBシリーズは低圧電力基本料金のコスト削減を検討している方にとてもおすすめの商品で、大幅なコスト削減を可能にしてくれるのです。そんなネオコーポレーションは全国に何店舗あるのでしょうか?

そこで、ネオコーポレーションは全国に何店舗あるのかについてご紹介してみたいと思います。株式会社ネオコーポレーションは大阪府大阪市にあるサムティ新大阪センタービルの4Fに本社を有します。また、東京と九州に支社が、名古屋と仙台、広島と札幌には支店が所在しています。

東京支社は品川区に、九州支社は福岡県の福岡市博多区にあります。また、支店については名古屋支店が愛知県の名古屋市中村区に、仙台支店が宮城県仙台市宮城野区に、広島支店が広島県広島市中区に、札幌支社が北海道札幌市中央区にあります。

ネオコーポレーションは全国に本社が1社、支社が2社、支店が4社となっています。それぞれお客様からの相談などにも対応されていますので、全体として7店舗ということになるといえます。

しかし、ネオコーポレーションでは、よりきめ細やかな電力コスト削減を提案する商品案内などを行いお客様をケアすることができるよう、代理店制度を採用しています。代理店ではネオコントロールシステム、N-EBシリーズが取り扱われていますので、節電によるコスト削減を検討している近くのお客様へ細かく対応できます。

ネオコーポレーションの代理店は、代理店加盟に際する保証金や加盟料、ロイヤリティなどは一切不要です。また代理店になると、ネオコーポレーション担当者による営業や施工現場での実地研修なども相談できるようになります。

電子ブレーカーは電力基本料金の大幅削減を可能にしてくれますので、毎月の固定費を減らすことができてお客様にとても喜んでいただけるのです。

このように代理店を募集し、その地域のお客様に対して丁寧な提案を行っているのです。具体的な代理店数は公開されていないようなのですが、ネオコーポレーションでは代理店募集を通して、より多くのお客様に喜んでいただけるサービスを提供していることが分かりますよね。